06
1
2
3
4
5
7
8
9
10
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
27
28
30
<< >>

This Archive : 2011年06月

--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Permalink *  EDIT * ▲TOP

2011.06.29 *Wed*

[ダブル][単体考察]ユレイドル

ユレイドル 色違い


最近BWダブルを始めようと思い、色んな方のブログを漁っていたのですがこのユレイドルというポケモンの配分が見つからなかったので考察しようと思います。シングルでもこの配分なら流用できるかもです。
また交換募集もかねているので、交換して下さる方はコメント頂けると幸いです^^

■ユレイドルについて
BWになって夢特性「呼び水」を獲得したことによって雨パ抑止力として脚光を浴びることとなりました。
また、自身が岩タイプ持ちなので砂に組みこんでみても面白そうなポケモンですね^^
ダブルでは草タイプ技が重宝されるので、このポケモンはかなり強いんじゃないかと思いました。

■配分について
ユレイドルは種族値的にD方面に高めであるため、今回はダブルでラティの流星を受けても動いていけることや圧倒的優勢を誇るサンダーの熱風意識等を考慮してH-Dから入っていきました。

■ユレイドル@残飯
性格:穏やか
努力値:H252.B60.C4.D180.S12
実数値:193-90-125-102-165-65
技:エナボorギガドレイン/岩刃or岩雪崩/守る/選択

●火力
・H207-D125ラグラージ@リンドを最低乱数2連以外で落とす。(これと同程度の耐久しか確保しないトリトドンもこれで落とせるため問題ない。)
・H207-D125ブルンゲルをギガドレで超高乱数3発(99.61%)
・H197-B105サンダーを岩刃で超高乱数2発(96.5%)

●耐久面
◎B方面
・陽気A187ドリュウズの75%地震を地震→守る→地震→守る→地震で残飯回復込みで確定耐え。(猫騙し等意識で余分に耐えている。)
・意地っ張りA205ドリュウズの100%地震を威嚇込み、残飯回復込みで最高乱数2連以外耐え。(あくまでBの指標での計算。)

◎D方面
・C182ラティオス@眼鏡の流星群を守る2連が成功出来たら1.5耐え(目安程度。)
・C182ラティオス@竜宝石の流星群+2段階下がり流星群を残飯回復抜きで耐え
・C182ラティオス@珠の流星群を残飯回復抜きで1.5耐え(猫騙し等意識で余分に耐えている。)
・C177サンダーの100%熱風を残飯守るのサイクル繰り返し込みでなら全て最高乱数でない限り6耐え
・C177サンダーの75%熱風を残飯守るのサイクルで13耐え
・C177サンダーの10万Vを最大乱数を12回以上引かなければ残飯守るのサイクルで14耐え


●素早さ
余り(トリトドンとの不毛なS争い。)

<交換募集>
ハイリンク乱数でしか手に入らない個体なので、夢島があまり発展していないこともあり入手が困難です^^;
こちらからは北米6V零度スイクンやめざ氷臆病色サンダー(自己産、ゴジャボ入り)辺りは出せます。
その他条件が良ければ北米めざ氷理想個体色ボルトロス(自己産、ダイブ入り)辺りとの交換に変更も可能です。
もし交換して下さる方がいらっしゃれば、コメントの方に書き込んで下されば対応致します。
それではよろしくお願いします。
スポンサーサイト
Permalink *  CM(5) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2011.06.26 *Sun*

[シングル][単体考察]ルカリオ

ルカリオ 色違い


今回紹介するのは、映画「ミュウと波動の勇者ルカリオ」で主役となったことのあるルカリオですね^^
DP発売するまでは種族値が明らかにされてなかったので期待されていましたが、S90族と遅めだったことから、使用者が思ったより増えませんでした。シングル6vs6ではそこそこ数はいましたけどもね…

■ルカリオについて
鋼+格闘といった珍しいタイプの組み合わせで、この組み合わせはコバルオンとルカリオしか今のところ存在していません。AとCが高いので、両刀が可能な格闘でもあり型バレしにくいという利点もあります。
BWからは真空波を使えることと耐性からか、パルシェン対策として評価されています。

■配分について
Cが高い格闘は受けループで腐らないという点です。めざ氷でグライオンを落とせるところまでは最低限Cを確保する必要性があります。また、補正有り最速なら無補正102族抜きまで抜くことが出来るため、ガブリアスは陽気が多いのであてになりませんがボーマンダは控え目やうっかりや辺りは結構多いので振っておいて損はないでしょう。

■ルカリオ@襷or風船
性格:無邪気
努力値:H48.A12.B32.C164.S252
実数値:151-132-94-156-81-156
技:インファ/めざ氷/真空波/選択
選択肢:岩刃/カウンター/波動弾/剣舞/噛み砕く等

●火力
◎A方面
・207-132バンギラスをインファで余裕を持って1発
・185-86ドリュウズを真空波で45~53%ほどのダメージ
・167-110テラキオンをインファで最低乱数以外で1発(87.5%)
・325-62ラッキー@輝石をインファで60~70%ほどのダメージ
・191-85ウルガモスを岩刃で確定1発
・155-101ラティオスを噛み砕くで確定2発
◎C方面
・179-96グライオンをめざ氷で最低乱数以外で1発(87.5%)
・169-101ボーマンダをめざ氷で最低乱数2つ切って1発(81.3%)←D無振りなら最低乱数以外1発(93.8%)
・191-109までのガブリアスをめざ氷+真空波で確定で落とせる。
・172-90エアームドを波動弾で確定2発

●耐久
◎B方面
・A182ガブリアスの逆鱗を超高乱数2耐え(93.8%)←逆鱗読みでなら後出し可能。風船なら後出しが安定する。
・A2段階上昇したA147パルシェンの氷柱針を確定で耐える。(全て最高乱数でもHP16残す。)
・A147パルシェンの氷柱針を超高乱数で11発耐える。(8発最高乱数引かない限り耐えることが出来る。)
◎D方面(襷であれば全く参考にならないダメ計算です^^;)
・C182ラティオス@眼鏡の流星群を高乱数耐え(75%)←噛み砕く持ちなら急所当てれば落とせるw

●素早さ
意地っ張りガブリアス抜き抜き

結構欲張った感じの配分になってますね^^;
襷カウンターは決まってくれればローブシンも突破が可能ですw
ガチ勢はルカリオについてよく知らないでしょうから決まる確率はあると思います。
それでは。
Permalink *  CM(2) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2011.06.25 *Sat*

[シングル][組み合わせ考察]有名な組み合わせのまとめ

書く調整や構築が思いつかないので環境が一順していることを踏まえて、今まで使われた有名な組み合わせのまとめをしておこうかと思います^^
これ書いていれば何か思いつくかもしれませんからね…ww
この記事で補完できていない組み合わせはまだまだあると思うので、何か1つでもありましたらコメント頂けると有り難いです><

◎雨入り
■ニョロトノ+キングドラ
ニョロトノ 色違い + キングドラ 色違い

ニョロトノで雨を降らせて、キングドラの超高火力ドロポンで押し切って勝つ組み合わせ。キングドラの枠は雨スタンを取る人だと雷搭載したラティオスであることも多い。相手の雨スタンに強くなれるのは評価したいが、ボルトロスが重いので補完を上手くしてやりたいところ。

■ニョロトノ+ソーナンス(やんばるさんのご指摘により追加。)
ニョロトノ 色違い + ソーナンス 色違い

通称:ニョロナンス。滅びの歌からのソーナンスで上手く合わせることが出来たのなら、確実にハメ殺せる^^読まれていたとしても2択ゲーに持って行けるので、2択に強い人が使うと厄介かもしれない。

■ニョロトノ+テラキオン
ニョロトノ 色違い + テラキオン 色違い

天候合戦に組み込まれたニョロトノとボルトロスやサンダー、ナットレイを見れる格闘としてのテラキオン。この組み合わせだと比較的他4体を選びやすく、難なく雨パを使いこなせる。

■ニョロトノ+ラッキー
ニョロトノ 色違い + ラッキー 色違い

ニョロトノを入れたことによって高火力特殊を呼びやすくなったため、補完で組み込まれるラッキー。ニョロトノの滅びの歌+毒で回してラッキーがひょいひょいして勝ちを狙う。残り4体で雨パも組めたりするので、違ったギミックをパーティーに持たせることも出来る。


◎砂入り
■ボルトロス+ガブリアス+バンギラス
ボルトロス 色違い + ガブリアス 色違い + バンギラス 色違い

電磁波をボルトロスやバンギラスで撒いてガブリアスが死に出し等で出てきてひょいひょいする電磁波砂パによく使われる組み合わせ。御大やパルシェンが怠かったりするので、これに猿が入ってくることも多いです。この組み合わせのバンギラスは持ち物の確定が難しい。後に記述するボルトロス+メタグロスのように追い打ちバンギラスを採用するのが一番使いやすいんじゃないかと個人的には思う。

■カバルドン+ドリュウズ+ラティオス(アス)+ウルガモス
カバルドン 色違い + ドリュウズ 色違い + ラティオス 色違い または ラティアス 色違い + ウルガモス 色違い

カバルドンで欠伸連打してドリュウズに繋げて無双を狙う組み合わせ。御大や水ロトムが厳しいので、ラティやウルガモスが採用されることがしばしば。キノガッサやソーナンス等もこの組み合わせには組み込みやすいです。

■バンギラス+ドリュウズ+ボーマンダ
バンギラス 色違い + ドリュウズ 色違い + ボーマンダ 色違い


カバルドンがメタられたことで使いにくくなったせいかバンギラスを使って砂を撒いてドリュウズ@襷で無双しようとする組み合わせ。ローブシンや水ロトムが非常に重いため、必然的にボーマンダが入ってきます。様々な大会で勝ちをおさめてきた組み合わせですね。雨には苦戦を強いられるので使う際には残りで対策していきたいところ。

■バンギラス+ローブシン+サンダー(めざ飛行仕様)
バンギラス 色違い + ローブシン 色違い + サンダー 色違い

最近は完全に廃れてしまっているバンギローブ。2010年11~12月頃は多かった印象を持っています。バンギラスの弱い物理方面にローブシンが強く、ローブシンが苦手なラティにバンギラスが強いです。身内では12月頃に眼鏡めざ飛サンダーを使う人もいましたねwwサンダーの枠はボーマンダでも個人的には問題無いかと思います。これとバンギラス+ドリュウズ+ボーマンダ(サンダー)で一つのパーティーが出来そう。

■バンギラス+ランドロス
バンギラス 色違い + ランドロス 色違い

一時期一部の中で構築が考えられたバンギランド(バンドロス)。バンギラス+ドリュウズに対してランドロスが異常に強い。また、砂の力で抜き性能が高まるので蜻蛉で回してから地震ぶっぱが基本的な勝ち筋。雨に滅法弱いので、構築でカバーする必要性あり。

■カバルドン+カビゴン+サンダース
カバルドン 色違い + カビゴン 色違い + サンダース 色違い

欠伸で起点を作って、その後に積むことの出来る決定力を出していく組み合わせ。カバルドンが水ロトムに弱いのだが、カビゴンやサンダースが水ロトムに強い点がこの組み合わせのいいところ。ぬかみそさんが軍鶏入りで使っていたのが個人的には印象に残っていますね。カビゴンの部分がムーランドになっているような組み合わせもあるみたいです。


◎霰入り
■御大+トドゼルガ
ユキノオー 色違い + トドゼルガ 色違い

通称:雪トド。パルシェンに滅法弱いので最近全然見ないが、ハメられると非常に厄介で無限トドに霰ダメで始末されてしまう。対策は非常に簡単なので、当たっても脅威ではないだろう。


■御大+水ロトム
ユキノオー 色違い + 水ロトム

攻撃範囲と相性補完がとてもいい二体による組み合わせ。御大が弱いポケモンに水ロトムが強く、水ロトムが弱いポケモンに御大が強い。種族値が低めなので他の4体は高種族値で固められることが多い。

■御大+ブルンゲル
ユキノオー 色違い + ブルンゲル 色違い

結構よく見かける構築。炎タイプにブルンゲルが強く、電気タイプに御大が強い。遅いのが難点で残り4体でキノガッサ対策等が施されていることが殆ど。残りは上の構築と同じく高種族値で固められることが多い。

■御大+バシャーモ
ユキノオー 色違い + バシャーモ

通称:ユキバシャ。御大で襷を潰したり、軍鶏の苦手なブルンゲルやスイクン、水ロトムを突破できる。ある程度掃除が出来たら軍鶏を繰り出して全抜きを狙う。こういった組み合わせには他にも起点の作り方が施されることがしばしば。

◎無天候
■ボルトロス+ラティアス+メタグロス
ボルトロス 色違い + ラティアス 色違い + メタグロス 色違い

ボルトロスの蜻蛉で帰った後、便利人メタグロスで邪魔者(主にラティ)を始末する、若しくはラティアスを出して流星ぶっぱする組み合わせ。したがって、このメタグロスは追い打ち装備の可能性が十分に考えられる。ボルトロス+バンギラスについてはボルトロス+ガブリアス+バンギラスで触れたので割愛。


■ラッキー+グライオン+エアームド
ラッキー 色違い + グライオン 色違い + エアームド 色違い

受けループ。一時期の環境トップメタにまで登りつめた構築。ステロであったり毒を入れたりして交換を繰り返すことで勝ちを狙う。御大+水ロトムや挑発竜舞ギャラドスに圧倒的に弱いので残りの3体で極力穴を小さくしておきたい。スイクンやクレセリア等受けに徹底した構築にするのか、ヒヒダルマやラティアス等が入って打ち逃げも出来る構築にするかは人それぞれ。

■エルフーン+ヒヒダルマ(バシャーモ)
エルフーン 色違い + ヒヒダルマ 色違い または バシャーモ

エルフーンで日本晴れや追い風を使って後続で抜き性能の高いダルマ(軍鶏)に繋ぐという単純明快な組み合わせ。追い風+日本晴れ状態の鉢巻ヒヒダルマは水ロトムすら受け切れない程の火力。軍鶏の場合は守るを入れなくても機能できるため、技スペに一つ余裕が出来る。軍鶏の晴れフレドラも受け切れるポケモンは限られてくるため、気を付けたいところ。

■エルフーン+フワライド
エルフーン 色違い + フワライド 色違い

エルフーンで追い風や置き土産などその場に応じて柔軟に動いてフワライドで小さくなってバトンを繋ぐ組み合わせ。パルシェンや軍鶏等抜き性能の高いポケモンとよく組まれる。

■ラティオス+フワライド
ラティオス 色違い + フワライド 色違い

上より、補助力が落ちた代わりに攻撃的になったため、起点にされにくくなっている組み合わせ。個人的には上の方が嫌らしくて相手にしたくないが置き土産ラティオスからの小さくなるフワライドも中々の強敵であることは間違いない。

■ウルガモス+ソーナンス
ウルガモス 色違い + ソーナンス 色違い

通称:ウルガナンス。ガブリアスに弱いウルガモスをソーナンスでハメることができ、毒を打ってきてもアンコで縛って起点に出来る。最近は見なくなったが環境が変わればまた復権なるか??

■ギャラドス+サンダース
ギャラドス 色違い + サンダース 色違い

通称:ギャラダース。ギャラが弱い電気をサンダースで相手でき、サンダースに飛んでくる地面技をギャラで透かせるという組み合わせ。種族値が低いので他で固めてあげたいところ。4世代ではこれにヘラクロスが入っていたりした。

■ライコウ+スイクン
ライコウ 色違い + スイクン 色違い

バトレボ期の遺産。この二体の組み合わせは殆どの弱点をカバー出来、受けループとのPPゲーにも制することが見込めるが、ウルガモスが多かった環境では使う人は殆どいなかった。地味に個人的に注目している組み合わせではある。

■ゲンガー+ソーナンス+ヒードラン
ゲンガー 色違い + ソーナンス 色違い + ヒードラン 色違い

こちらもバトレボ期の遺産。ゲンガーを現環境で使う理由もなく、誰も使っていない。素晴らしい組み合わせだとは思うがBWで完全に廃れてしまった。

■ラティオス(アス)+メタグロス
ラティオス 色違い または ラティアス 色違い + メタグロス 色違い

通称:ラティグロス。メタグロスの苦手な地面タイプをラティで透かして流星ぶっぱが出来る。ラティの苦手なボルトロスや御大にメタグロスが強く、メタグロスが苦手な水ロトムや軍鶏、猿辺りにラティが強いところがこの組み合わせの強み。

■ラティオス(アス)+ハッサム
ラティオス 色違い または ラティアス 色違い + ハッサム 色違い

バトレボ期から有名なラティハッサム。これには5世代になってからテラキオンが入ってくることが多い。ハッサムの蜻蛉のアド取りは強力で、そこから高火力アタッカーを出していけるところに魅力がある。

■ラティオス(アス)+ヒードラン
ラティオス 色違い または ラティアス 色違い + ヒードラン 色違い

通称:ラティドラン。ヒードランの苦手な地面タイプをラティで透かして流星ぶっぱが出来る。ラティの苦手なウルガモスやボルトロス、御大辺りにヒードランが強く、ヒードランが苦手なテラキオンや水ロトム、軍鶏、猿辺りにラティが強いところがこの組み合わせの強み。

■水ロトム+メタグロス(やんばるさんのご指摘により追加。)
水ロトム + メタグロス 色違い

水ロトムが苦手とするラティやビリジオンに対してメタグロスが強く、メタグロスが苦手とする軍鶏、地面タイプ辺りには水ロトムが強い。この組み合わせには更なる天候メタとして御大が入ってくることもある。

■ブルンゲル+ナットレイ
ブルンゲル 色違い + ナットレイ 色違い

BW初期環境ではランダムで多く見かけた組み合わせ。剣舞ガブリアスで突破出来てしまうので対策は簡単。
しかし、ハマると面倒なので油断は禁物。

■シャンデラ+ナットレイ
シャンデラ 色違い + ナットレイ 色違い

同じくBW初期環境ではランダムで多く見かけた組み合わせ。影爪軍鶏や剣舞ガブリアス、テラキオンなど穴は上のものより多いので組み合わせとしては存在するものの、意識しなくても勝てる。軍鶏は跳び膝が打ちにくくなるので慎重に立ち回る必要がある。


| 未分類 |
Permalink *  CM(7) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2011.06.11 *Sat*

[シングル][単体考察]オノノクス

オノノクス 色違い


色違いのオノノクスってカッコいいですよね^^
前回のこっぽら杯ではラキグラムドー入りが優勝していることもあり、増えてきているので圧力をかけられるオノノクスを考察。イケメンで強いポケモンならみんな使いますよねww
※今回は「マイナー」ではなく「ガチ」です!!

■オノノクスについて
A種族値が147もあり、単色竜なのでBW発売当初は強いと騒がれていたのは強く印象に残っています。
しかしながら、竜にとってSはとても重要な数値でガブリアスやラティ兄弟、サザンドラやボーマンダより遅いため、そこそこ数はいたもののガチ勢に使われることは殆どありませんでした^^;

■オノノクスの強み
竜舞+挑発が使えて抜き性能が高く浮遊にも地震が入る+ギャラドスと違って4倍弱点が無い点が最大の強みです。
他にはガブリアスの逆鱗を耐える調整をしたポケモンを葬れるといったことも評価できます。

■配分について
襷ならASでいいのですが、なさそうに見えて実はあるせっかくの耐久を活かした配分にしようと思います。
挑発を入れたいので、175オノノクス(徹底攻略様に載っています。mk48様が投稿したオノノクス。)では遅すぎるので火力を多少諦める代わりにSを高めて汎用性を上げます。

■オノノクス@ラムor竜宝石(H:10n-1なため珠でも使えなくはない。)
性格:意地っ張り
努力値:配分1.H140.A20.B4.D92.S252/配分2.H140.A100.B4.D92.S172
実数値:配分1.169-187-111-*-102-149/配分2.169-198-111-*-102-139
技:逆鱗/地震/挑発/竜舞 (ダブチョ/ギロチンも十分選択肢。適宜各自で技変えて下さい。)

●火力
☆配分1(A=187)
・素の逆鱗でH169-B100ボーマンダを威嚇込みでも最低乱数引かない限り1発
・竜舞1積み地震でH157-B128FCロトムを地震で余裕を持って1発
・竜舞1積み地震でH191-B108エンペルトを余裕を持って1発

☆配分2(A=198)
◎ガブリアスの逆鱗耐えを崩せる火力である。
・素の逆鱗でH191-B86ウルガモスを超余裕を持って1発
・竜舞1積み逆鱗でH191-B106サンダーを最低乱数を引かない限り1発
・竜舞1積み逆鱗でH157-B128FCロトムを逆鱗で確定1発
・竜舞2積み逆鱗でH325-B62輝石ラッキーを高乱数1発(81.3%程度)

●耐久(配分1、2共通)
◎物理耐久(H175-B110ラティアスと殆ど変わらない。)
・A187メタグロスの冷凍P+バレPを天候ダメ1回込みで耐え
・A176ギャラドスの逆鱗を最低乱数以外で耐え→挑発が比較的安定して打てる。
◎特殊耐久(H169-D101桂馬ボルトロスと殆ど変わらない。)
・C162帯ボルトロスの10万or蜻蛉+めざ氷耐え→後出しを比較的しやすい。
・C142ニョロトノの雨ドロポン2耐え→対面なら冷Bを打ってこなかった場合起点にして全抜きも狙える。
・C205珠ウルガモスのさざめきを天候ダメ込みで耐え
・C152珠☆の冷凍B耐え→スカーフでなければ安定して舞える。

●素早さ
☆配分1
ぶっぱ。S148辺りまで落としているサザンドラやウルガモス、サンダーまで抜ける。
☆配分2
無補正85族抜き抜き

個人的には配分2の方が使いやすそうです^^
ヒードランまで抜けるようにS142まで上げて耐久削ってみてもいいかもしれません。
それでは。
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2011.06.06 *Mon*

[シングル][単体考察]カイリュー

カイリュー 色違い


身内が北米でツモってくれることになったカイリュー。
せっかくなので配分考えてみました^^

■カイリューについて
4世代まではボーマンダの劣化とまで言われてきた所謂600族なのにマイナーポケの部類でした。
しかし、5世代でマルチスケイルと言った厨特性を手にしたことで、本来の持ち味である耐久をフルに活かせるようになりました^^
神速もあるので、最後の抜きにも使えますしタイプに飛行があるので格闘にもマルチスケイルが壊されるにしても、強気に出ることが出来ます。
また、物理か特殊か一見分からないというのもいいところ。

■配分について
ツモってもらうのが意地っ張りなので今回は鉢巻で考えてみました。
眼鏡にするにしても、電磁波羽をするにしてもこの耐久ラインは参考になると思います。

■カイリュー@鉢巻
性格:意地っ張り
努力値:H164.A204.B4.D116.S20
実数値:187-198-116-*-135-103
技:逆鱗/神速/炎P/選択
選択肢:地震/瓦割

●火力(A=11n)
・H157-B128ロトムを逆鱗で確定1発
・H187-B153メタグロスを炎Pで確定2発(1発で6割程度削ることが出来る。)
・H183-B132バンギラスを地震で中乱数1発(56.3%)

●耐久(マルチスケイル込み)
・A182鉢巻ガブの逆鱗を最大乱数以外で耐え
・C182眼鏡ラティオスの流星群を最大乱数以外で耐え
・A205鉢巻メタグロスの冷凍Pを確定耐え
・A181珠テラキオンの岩刃+石化耐え
・A165テラキオンの岩刃を急所引いても超高乱数耐え

●素早さ
図太いラッキー抜き

素早さ遅いと感じる人がいましたら、眼鏡流星耐えを切って珠流星程度までに落としてSに振りましょう。
そうすれば、無補正最速バンギラス(S=113)辺りまでは抜けるようになるはずです。

早速使ってみたいですね^^
雨パと組ませると強いと思います。
暴風入りの眼鏡型の場合はAをCに回してやるだけで十分機能してくれると思います。
それでは。
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

プロフィール

バニラ

Author:バニラ
管理人のバニラと申します^^
東京のとある大学の学生をやっております。

当ブログではポケモンの配分やパーティー構築等について考察していきたいと思います。間違ったことも書いてしまうこともあると思いますが、温かい目で見て頂けると幸いです。

本ブログにつきましては、リンクフリーとさせて頂きます^^一応、ご一報頂けると嬉しいです。
コメントもご自由にどうぞ。



vanilla_0308@Twitter

vanilla_0308をフォローしましょう



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ

未分類 (5)
シングル単体考察 (24)
ダブル単体考察 (4)
ダブルPT構築 (1)
雑記 (2)
乱数調整 (1)



訪問者数



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



Copyright © バニラのポケモン日記~単体考察~ All Rights Reserved.

テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。