08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Permalink *  EDIT * ▲TOP

2011.08.21 *Sun*

[ダブル][単体考察]ミカルゲ

ミカルゲ 色違い

暫くシングルの記事ばかりだったので、今回はダブルの配分を。
シャンデラや格闘が鬱陶しいので色々ブログを漁っていたらミカルゲ入りを見つけたので考えてみました。
ダブル自体対戦経験が殆ど無いので参考にならないかもしれません…
その辺はご了承ください。もしかするとシングルでも使える配分があるかもしれません。

■ミカルゲについて
霊+悪という珍しいタイプの持ち主であることから、弱点がないというポケモンです。
種族値的には耐久面はFCロトムとほぼ同じ値です。しかし、ロトムと比較してSがとても遅いです。
しかしながら、ダブルにおいて不意打ちでシャンデラやラティオスを縛れたり、格闘ではダメが入らないことや鬼火で相手の物理アタッカーの役割を半減出来たりと優秀な点は多いので使う価値があるのかなと思います。

■配分について
ミカルゲを使用する価値があるのは不意打ちによってラティオスやシャンデラを縛っていける点にあります。
すなわち、この2体には役割を持てないのではこのポケモンを使う必要性を失います。
また、鬼火を使える点を考慮して最遅バンギラスやカビゴンより確実に先制して鬼火を決めていきたいです。
特性がプレッシャーですので、最遅バンギラスを抜いておけば特性発動タイミングでSを見破れる確率が上がります。(最遅御大はバンギラスよりSが1低いので御大のSを見破れる確率も必然的に上がる。)
この辺を意識して配分を作っていこうと思います。

◆配分例1

■ミカルゲ
性格:意地っ張り
持ち物:悪宝石orオボンの実
配分:H212.A252.B4.D4.S36
実数値:152-158-129-*-129-60
技:不意打ち/影打ち/鬼火/守る

●火力
・不意打ちでH135-B110シャンデラを高乱数1発(75%)
・不意打ちでH156-B100ラティオスを中乱数1発(56.3%)

●耐久(H振りFCロトムと同程度)
・C143ラティアス@眼鏡の流星群を高乱数耐え(87.5%)

●素早さ
・最遅バンギラス(S59)抜き

意地っ張りA252振りにより、悪宝石消費後でも極力役割遂行相手を1発で処理できるように。
定数ダメ等で少しでも削れていたりすれば1発圏内に入る確率も上がる。

◆配分例2

■ミカルゲ
性格:慎重
持ち物:悪宝石orオボンの実
配分:H228.A68.B4.D172.S36
実数値:154-121-129-*-165-60
技:不意打ち/影打ち/鬼火/守る

●火力
・不意打ち@悪宝石でH156-B110ラティアスを高乱数1発(87.5%)
・不意打ち+影打ちでH156-B100ラティオスを余裕を持って確殺。←悪宝石込みなら不意打ちで余裕を持って確殺。
・不意打ち+影打ちでH135-B110シャンデラを余裕を持って確殺。←悪宝石込みなら不意打ちで余裕を持って確殺。

●耐久
・C182ラティオス@眼鏡の流星群耐え
・C216シャンデラ@炎宝石の大文字を高乱数耐え(87.5%)

●素早さ
・最遅バンギラス(S59)抜き

悪宝石消費後の不意打ちで縛れる確率を諦めた代わりに1発受けてからでも動いていけるようにしたのがこちら。
Dに厚く振っているため、場持ちしやすいんじゃないかと思う。よって悪宝石も持ち物候補欄に書いたがオボンの方がいいかもしれない。

◆配分例3

■ミカルゲ
性格:勇敢
持ち物:達人の帯
配分:H252.A140.C92.D4.S20
実数値:157-143-128-124-129-52
技:不意打ち/凍える風/鬼火/守る

●火力
・75%凍える風@帯でH183-D106ガブリアスを超高乱数2発(98.4%)
・75%凍える風@帯でH155-D131ラティオスの身代わりを確定で破壊
・不意打ち@帯でH155-B101ラティオスを高乱数1発(87.5%)←H156-B100ラティオスの場合は確定。

●耐久(H振りFCロトムと同程度)
・C143ラティアス@眼鏡の流星群耐え
・C182ラティオス@珠の流星群中乱数耐え(50%)

凍える風を搭載したミカルゲの配分。ミカルゲのC種族値を上2つの配分より大きく活かしている。
Cに努力値を回している理由は凍える風でラティオスの身代わりを確実に割ってもらうためである。
相手のラティオスの流星群を耐えるかどうかは怪しい乱数であるのは努力値をDに回せるだけなかったからである。
Sに関しては上の配分例においてはSに4振ったカビゴン(S51)を抜くためS実数値52にまで引き上げたが、S実数値に関してはトリル下での仕事を考慮して適宜調整してもいいだろう。特性を見破るためのプレッシャーとしては使えないものの、黒い鉄球持ちか否か程度ぐらいは見極められる。

配分はこんな感じになるでしょうか。
配分例2はシングルの方でも回せたりして…
守る切って痛み分け等搭載したら相手をかき乱すことが出来て面白そうです。
ダブルだと、シャンデラや格闘に強気に出られる面を考慮すると霰構築に組みこんでみると面白そうですね。
霰トリパに見せかけることも出来たりして相手としては技構成等を見破りにくいかも?
霰に組みこむなら配分例1の方が使いやすいかもしれませんね。
それではこの辺で。
スポンサーサイト
Permalink *  CM(1) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

COMMENT

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011/09/20(火) 15:54:38 | | # [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

バニラ

Author:バニラ
管理人のバニラと申します^^
東京のとある大学の学生をやっております。

当ブログではポケモンの配分やパーティー構築等について考察していきたいと思います。間違ったことも書いてしまうこともあると思いますが、温かい目で見て頂けると幸いです。

本ブログにつきましては、リンクフリーとさせて頂きます^^一応、ご一報頂けると嬉しいです。
コメントもご自由にどうぞ。



vanilla_0308@Twitter

vanilla_0308をフォローしましょう



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ

未分類 (5)
シングル単体考察 (24)
ダブル単体考察 (4)
ダブルPT構築 (1)
雑記 (2)
乱数調整 (1)



訪問者数



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



Copyright © バニラのポケモン日記~単体考察~ All Rights Reserved.

テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。